• HOME
  • ブログ
  • YOGA
  • 前屈(ウッターナーサナ)、柔軟性をもっと引き出すためには…?

前屈(ウッターナーサナ)、柔軟性をもっと引き出すためには…?

YOGA

ヨガやストレッチをやっている方には、前屈をもっと深めたいと考えるのは自然なことだと思います。筋肉の柔軟性を高めるには、日々繰り返していくことが重要ですが、今日は筋肉の性質から柔軟性を高める方法を調べてみました。

ウッターナーサナ、前屈のポーズですが、ヨガでは太陽礼拝でかなりの回数をこなした方も多いと思います。このポーズは大腿の裏側(ハムストリングス)を伸ばしていくイメージが強いですが、ハムストリングスだけではなくて臀部や背筋群も含めた体の背面全体がストレッチされるポーズとなります。

筋肉(主働筋と拮抗筋)

それでは、前屈をもっと深めていくにはどうすればよいのでしょうか?まずは筋肉の仕組みについて考えていきましょう。
筋肉には主働筋とそのペアになって働く拮抗筋があります。

例えば、腕に力こぶを作るとします。肘を曲げる時に上腕二頭筋が主働筋となり、その反対側の上腕三頭筋は拮抗筋となります。

主働筋が縮もうとするときに反対側の筋肉が緩んでいればスムーズに肘が曲がって力こぶが作れますね!これが主働筋と拮抗筋との関係です。

前屈をもっと深めるには?

主働筋と拮抗筋からもうひとつ進めていきましょう。前屈(ウッターナーサナ)を行う際、体の背面全体が伸ばされますが、今回はわかりやすく大腿の裏側(ハムストリングス)に注目していきます。

前屈をすると腿の裏側の伸びを感じると思います。人によっては引っ張られるような痛みであるかもしれません。この時に腿の前面の筋肉(大腿四頭筋)を引き上げるつもりで収縮させてみましょう。そうすることで、前屈はいつもよりも少し深くなるはずです。
これは「相反抑制(Ⅰa抑制)」と呼ばれている筋肉の性質のためで、主動筋が収縮すると、拮抗筋は弛緩されるというメカニズムによります。

つまり、腿の前面の筋肉が収縮するほど、腿の後面の筋肉が伸びやすくなるということです。

よくヨガの先生が前屈の時に「お腹を引き込む」といった表現をするかと思います。これも、腹直筋などの身体の前面の筋肉を収縮させることにより相反抑制が働き、背筋群の柔軟性が増すからだと思います。

まとめ・筋肉(主働筋と拮抗筋)
筋肉には主働筋と拮抗筋がある!
・前屈をもっと深めるには?
相反抑制(Ⅰa抑制)を利用してみる(腿の前側の筋肉を引き上げる感覚で前屈をおこなってみる)

参考文献

TAKAFUMI

2,931 views

10年間の東南アジアでの生活後、現在は東京で作業療法士を目指して奮闘中。前職は医薬翻訳。(全米YogaアライアンスRYT200修了)

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧